Biseika Galeria Dos   京都北野天満宮南 京町家のいい空間
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9


遠方彼方 友ちゃん


美夜花リリ ピンクワンピースの子


尾鼻智子 

南の島に住む、船長さんのお招きを受け、
沖縄県宮古島にお人形たちと一緒に行ってまいりました。
台風前で風が強く、美しく有名なミヤコブルーは、
いつもより少し濃く輝いていました。
お人形たちは、普段ギャラリーの中にいて、
海辺で遊ぶこともないので、
とても楽しそうにしていました。
みんな宮古の子になりたいなあと申しているようでした。

宮古島の時間はゆったりとしていて、
穏やかに過ぎていきます。
どうぞ、お人形たちの至福のお顔を
宮古の風とともに、感じてくだされば幸いです。





ランプアーティスト・James Chappell(ジェームズ・チャペル)さんの
ワークショプに行ってきました。
以前美晴花にご出展くださったランプ作家様ですが、
ワークの先生としての彼はいつもの柔らかい笑顔だけではなく、
プロとしての凛々しさがあり、丁寧で分かりやすく且つ簡潔で
初めての私でも完成することができました。
曲線の美しさは余韻をまとい、ランプのスケールを超えた大きさを感じます。
秋に美晴花で行われる彼のワークショップも、今から楽しみです。

隣に座る猫は、隙の無い強いまなざしで私を見つめるところが気に入り、
美晴花ギャラリーにお迎えすることにしました。
そのブルーの瞳は、ランプに何か思いをはせているかのようです。


第10回 人・形展「ひとがた・てん」 主催:ドルスバラード様

ご案内頂戴しました。素敵な作品を創作される作家様のご出展です。

お知り合いの作家様もご出展されておられますので とても楽しみです。




京都・上七軒のビアガーデンに寄せてもらいました。

ホテルの上にあるビアガーデンとは違い、上七軒歌舞練場のお庭にあるビアガーデンは、通りと隔たったところにあり、静かな雰囲気に包まれていました。

馴染みの六人の芸・舞妓さんがそばに来て、お話をしてくださり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
ゆっくりと時間は流れ、今年も京の夏は過ぎていきます。

ガーデンは9月5日で終わり、秋には「寿会」がこの歌舞練場で開催されます。

それが終わると、もう美晴花の秋のお人形展の季節がやってきます。
11月28日から12月3日に「お人形のお見世出し」という題目で、開催予定です。
詳細は、後日お知らせいたします。

お写真は、舞妓さんの「市まり」さんです。
寿会が終わったら、襟替えをされて、芸妓さんにならはります。
芸妓さんになられた市まりさんもお美しいのでしょうね。




昭和30代ころ こんな涼しげなまなざしの おんなの子 よく見かけました。

懐かしくて じっと見つめていると 「お家に連れて行って」 小さな声が聞こえて

一緒に帰ることとなりました。

<私を見て!>と自己主張しない 穏やかで飽きないかわいらしい子。


カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
美晴花
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R